債務整理をするとブラックリストに何年名前が載るのか

債務整理をすると、ブラックリストに名前が載ることになります。何年間掲載されるのかについては、信用情報機関や債務整理の内容によって異なります。

ブラックリストとは、いわゆる信用情報機関に金融事故者として名前が載ることを指します。債務整理をすると、借金を減額しなければ支払えなかった金融事故者として名前が掲載されますが、何年間掲載されるのかについては、どんな債務整理を行ったのか、また信用情報機関によって異なります。

まず、任意整理です。JICCでは、任意整理の和解通知を行ってから5年間名前が掲載されます。そのため、もし任意整理後の借金の支払いが5年経っても継続している場合でも、名前は削除されます。CICでは、任意整理をしたとしても、名前が記載されることはありません。これは、全銀協でも同様です。ただし、任意整理を行って保証会社から代位弁済がなされれば、その旨の記載はなされます。

次に、個人再生です。JICCでは、任意整理の場合と同様に5年間掲載されます。次に、CICでも任意整理と同様に、個人再生をしたとしても掲載されることはありません。全銀協では、個人再生をすると10年間名前の掲載があります。

そして、自己破産です。JICCでは、任意整理、個人再生と同様に5年間掲載されます。したがって、JICCでは、「債務整理については5年間掲載される」と覚えやすいです。CICは、自己破産のみ債務整理について掲載があり、その期間は5年間です。全銀協では、個人再生と同様に、10年間の掲載となっています。

以上のことから考えると、CICが一番緩いように感じてしまいますが、どこの信用情報機関でも、「返済の延滞」については登録がなされるので、債務整理をする前にすでに名前が掲載されている方もいらっしゃいます。

コメントは受け付けていません。