債務整理をした後に引越しはできるのか

債務整理をした後でも、引越しはできます。不動産契約は、債務整理をしているかどうかにかかわりなく出来るからです。ただし、保証会社を選任しなければならないときは、注意が必要です。

債務整理をした後に、引越しが必要となる場合があるでしょう。例えば、転勤などで居住地を移動しなければならなくなる場合というのは、債務整理をしているかどうかに関わらず発生することです。しかし、その際に心配になってしまうのが、新しい土地で不動産の賃貸契約を結ぶことができるのかどうかということです。アパートやマンション等を借りる際には、様々な手続きが必要となります。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

債務整理をした後というのは、信用情報機関に名前が記載されます。そのため、ローンが組めなくなります。不動産の賃貸契約は、ローンとは関係がないので、債務整理をしたかどうかに関わりなく、契約を締結することができます。また、信用情報機関の情報というのは、本人以外では、銀行や信販会社、クレジット会社などの金融機関のみしか閲覧できないことになっているので、不動産屋さんは閲覧できず、それを確かめることができないので、不動産契約に影響することはありません。

ただし、不動産契約の際に、保証人を立てなければならないのが一般的です。ただの保証人であれば、親戚などになってもらえれば良いので問題はありませんが、保証会社を保証人としなければならない不動産屋さんもあります。その際、信販系の保証会社であった場合には、保証を受けられないことがあります。そのため、どこの保証会社であるのかを確認し、信販系と賃貸保証協会や賃貸保証機構のどちらかを選ぶことができるときは、賃貸保証協会や賃貸保証機構を選びましょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。