債務整理の途中で債権者を追加するには

様々な所から借り入れをしていると債権者の数も非常に多くなります。債務整理中に別の債権者を思い出した場合、途中で追加することは可能でしょうか。

債務整理は借金の減免が主な目的です。最初は消費者金融1社からの借り入れのみだった状況がどんどん悪化し、最終的に様々な消費者金融などから融資を受け、借金が膨れ上がるケースは珍しくありません。このような場合、債務整理手続きを執る方が多くなっています。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

債務整理もいくつか方法がありますが、債権者と個別に借金減額の交渉を行うのが一般的です。しかし、債務整理を行う状況になっている方の多くは、多数の消費者金融などから借り入れているケースが珍しくありません。場合によっては債務整理の最中に別の債権者を思い出すこともありますが、別途追加することもできます。新たに債務者を追加し、その上で債務整理を進めていくことになります。すでに債務整理を進めている状況で別の債権者が見つかったとしても、特に問題はないのです。

ただし、債権者を新たに追加した場合、別途追加費用を請求されることもあります。弁護士や司法書士に支払う費用が増えるため、追加費用の有無は事前に確認が必要です。しかし、どの弁護士事務所・司法書士事務所も追加費用を取るとは限りません。中には追加無料の弁護士事務所などもあります。

債務整理を実施する際は、最初に債権者をすべてリストアップすることが望ましいと言えます。後になって追加した場合、追加費用を巡ってトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。もし不安がある方は、追加費用についても相談してみることをおすすめします。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。