債務整理を行うデメリットは?

債務整理は借金が減るなどのメリットもある一方で、いくつかのデメリットを抱えています。しかし、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

債務整理を行う一番の目的は、借金の減額や返済免除です。現在、借金で苦しんでいる方なら、債務整理も検討の余地があると言えます。これが最大のメリットでもありますが、その一方でデメリットも少なくはありません。人によっては痛手になるかもしれませんが、どんなデメリットがあるのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理も方法は様々ありますが、特に大きなデメリットとも言えるのが信用情報への影響です。信用情報はローンやキャッシングの審査時に利用される情報で、借り入れや返済状況などの情報が載っています。しかし、債務整理を行うと、一定期間、信用情報に事故情報が登録されてしまうのです。期間は方法により異なりますが、クレジットカードの新規契約が難しくなったり、ローンを組めなくなるなど、様々な影響が出ることに注意しましょう。

もし債務整理時に保証人がいる場合、影響があることにも注意が必要です。債務整理の方法によっては、保証人へ債務の請求が行くこともあります。任意整理は保証人への影響が少なめです。しかし、自己破産や個人再生手続きを執った場合、保証人が返済の義務を負うことになります。保証人がいる方は、事前に相談してから債務整理を行いましょう。

官報へ掲載されることもあります。ただし、自己破産や個人再生を行った場合のみで、任意整理を選んだ方は掲載されません。氏名や住所が公開されてしまいますが、官報は一般的に読む機会が少ないため、そこまで大きなデメリットとも言えないでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。