債務整理は何回までOK?

債務整理は借金の減額などが目的ですが、債務整理後に再び借金が増える可能性もあり、再度借金で悩んだ場合、債務整理は何度でも行えるのでしょうか?

債務整理を行えば、借金の減額をされたり、免除される可能性があります。このため、現在借金でお悩みなら債務整理も検討の余地があるでしょう。しかし、債務整理を行った後に再び借金を抱え、再度苦しめられる可能性もゼロではありません。もし同じような状況になってしまった場合、もう一度債務整理を行うことは可能なのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

過去に一度債務整理を行ったとしても、実は債務整理をすることができます。一度目の債務整理後は消費者金融なども融資を渋ることから、中々お金が借りられず、生活が苦しい状況が続くことも珍しくありません。そして、高金利の悪質な業者から借り入れ、再び借金地獄になるケースも意外に多いのです。仮に一度しか債務整理が行えなかった場合、再生の道はほぼ閉ざされていると言えるでしょう。

このような懸念もあることから、債務整理は何度でも実行できるようになっています。ただし、過去に債務整理を行っている方の場合、借金の減額交渉や和解に消費者金融が渋るリスクもあります。特に任意整理を選んだ方は、業者が交渉に応じてくれない可能性も考えられます。

債務整理を行った後は、必要以上に借りない、本当に困ったときだけお金を借りるなど、何らかの対策が必須と言えます。しかし、再び借金で悩み始めたら、弁護士や司法書士へ相談してみると良いでしょう。プロの観点からどのようにすべきかアドバイスをもらえます。もし二度目の債務整理を実施する場合、弁護士などに一任するのもおすすめです。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。