こんなにある債務整理の方法

一口に債務整理と言っても、実は様々な方法があります。債務整理はいくつかの方法をまとめた呼び方ですが、どのような方法があるのでしょうか。

多額の借金で悩んでいる方の多くは債務整理を行っています。債務整理によって借金の減額や、免除される可能性もあり、毎月の支払いで悩んでいるなら一考の余地があります。しかし、単に債務整理と言っても様々な方法があることをご存じでしょうか。主に自己破産・個人再生・特定調停・任意整理の4つですが、借金の減額幅や免除の有無、そして今後の生活に与える影響が変わります。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

債務整理と聞いて、多くの方が浮かべるのが自己破産ではないでしょうか。裁判所に破産申し立てを行い、免責を受けた方が借金を免れる債務整理の方法です。ただし、一部の職業に就けなかったり、財産を失ったりなどのリスクがあります。

個人再生は自己破産に似ていますが、借金の一部を支払う代わりに残りを免除してもらう方法です。一部の財産を手放さずに済みます。しかし、3年で借金を払い終える必要があるなど、いくつか条件が設けられています。

特定調停は、裁判所を通じて借金の減額・支払について協議する方法です。借金の減額が見込まれますが、過払い金は対象外など、いくつかデメリットがあります。そのため、あまり一般的な方法ではありません。

そして、もう一つの任意整理は、裁判所を介さず、債権者と直接借金の減額や支払関しての協議を行う方法です。弁護士や司法書士など、債務整理のプロへ一任するのが一般的になっています。リスクはほとんど無く、借金の減額が期待できます。ただし免除はしてもらえないため、協議で決まった金額を支払う必要がある点に気をつけましょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。