旦那に内緒で債務整理するには?

夫婦の間に秘密は付きものです。

●夫の知らないところで、服や化粧品、バッグなどをクレジットカードで払っていたら・・・
●知らない間に借金の金額が大きくなって・・・
●夫には借金のことを話そうにも怖くて話すことが出来ない・・・
●万が一バレて離婚をしようと言われたらどうしよう・・・

そんな主婦の方に旦那に内緒で債務整理をする方法をこっそりお伝えしていきます。

やっぱり任意整理が一番

債務整理は、特定調停、任意整理、個人再生、自己破産の4種類に分かれます。

この中で、旦那に内緒でやり通せる可能性が最も高いのは任意整理です。

その理由は、他の3種類は、裁判所への提出書類をいろいろと集めないといけないからです。

その中には、当然、夫の給与明細書や源泉徴収票などの書類も含まれてきます。

つまりそこでご主人にバレる確率が高くなります。

また、個人再生や自己破産になってくると、財産がいろいろ処分されてしまうため、その段階でもバレてしまうことがあります。

しかし任意整理は、裁判所を通さないため、旦那さんから頂く書類はありませんし、財産が処分されることもありません

ですから、ご主人にこっそりと債務整理を進めたい方は、可能な限り任意整理をするようにして下さい。

詳しくはこちらの記事にも書いてあります。

債務整理を家族にばれないようにしたい

任意整理をする際、気を付けるべきこと

ただ、任意整理をするからといって、旦那に絶対バレないワケではありません。

その際、注意すべき点をご紹介いたします。

弁護士や司法書士の理解を得る

弁護士や司法書士によっては、ご主人に相談することを進める人もいます。

旦那にバレないようにするには、弁護士にちゃんと協力してもらわないといけません。

事務所にお願いする場合は、その点をまずしかりと確認しておきましょう。

任意整理の場合、弁護士が受任通知を出した段階で、貸金業者からの請求はピタッと止まります。

そして、そこから、すべての連絡は債務者ではなく、弁護士経由で行なうようになります。

ですから、郵便物を弁護士経由で受け取る場合は、郵便局留めにしてもらうなどの協力をしてもらう必要が出てきます。

家族カードはNG

家族カードの場合、通常は、旦那さんが契約者なので、そこでの借金は、旦那さんしか整理することが出来ません。

家族カードを持っている方は、難しいということになります。

任意整理後の5~7年は、しっかり隠し通す

任意整理をしたら、財産が処分されることはありませんが、ブラックリストには載ってしまいます。

ですから、5~7年はクレジットカードを作ったり、銀行からお金を借りたり、住宅ローンを組んだりすることが出来ません。

また、任意整理は、借金の利息が減ったり、返済期間を変更したりすることはできますが、借金が0になるわけではありません。

任意意整理後は、和解案に従って、基本的には3年、長くても5年に掛けて、少しずつ返済をしていく必要があります。

そこは家計をうまくやりくりしながら、バレないようにがんばっていく必要があります。

旦那さんに内緒で任意整理をしたい方は、法律の専門家に無料相談する際、事前にその件を伝えて、きちんと協力してもらえるか相談をしてみたら良いでしょう。

コメントは受け付けていません。