債務整理後にフラット35は利用可能か

フラット35は固定金利の住宅ローンです。マイホーム購入をする方にとっては魅力的ですが、債務整理後にフラット35は利用できるのでしょうか。

マイホームを購入する場合、現金一括で買う方はほとんどいません。大半の方は住宅ローンを利用することになるでしょう。その中でも、特にポピュラーな住宅ローンがフラット35です。35年間金利が固定で、返済額を抑えられるのが魅力と言えます。しかし、フラット35は審査が必要なため、債務整理後は審査に通らないと考えている方も少なくはありません。でも、債務整理後に住宅を買うことになった場合、フラット35は申し込めるのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

まず気をつけておきたいのが、債務整理を完了してから一定期間、信用情報に事故情報が登録されてしまうことがあります。住宅ローンの審査を行う際は、ほぼ必ず信用情報を参照しますので、もし事故情報が登録されてしまっている場合は審査に通りにくくなると考えられます。フラット35の審査に落ちてしまう可能性が高いため、任意整理から数年間はマイホームを買うのが難しいと言えるでしょう。住宅ローンに関わらず、債務整理が影響し、融資してもらえないことも多いのです。

ただし、あくまでも事故情報が登録されるのは一定期間のみであり、情報が消去された後は問題なくフラット35を利用できます。数年間はマイホームの購入を断念し、事故情報が消える頃を見計らって買うのが良いと言えます。あるいは自己資金を多く用意し、融資してもらう額を減らすようにしましょう。事故情報が載っている期間中でも、融資額が少なければ、フラット35の審査に通る確率が高くなります。銀行などで相談してみると良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。