債務整理で返済が遅延した時の対処法

債務整理を行った後は、毎月、借金を返済していくことになります。しかし、何らかの理由で返済が遅れてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

自己破産以外の債務整理を選ぶと、借金が減額され、生活などへの負担を大きく減らせる可能性があります。債務整理によって借金が減ることは珍しくないため、本当に苦しくなったら選択肢の一つとして考えてみると良いでしょう。債務整理は数ヶ月程度かかりますが、完了後は弁護士や司法書士へ毎月一定額を返済していくのみで済みます。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

しかし、つい振り込みを忘れてしまったり、一時的にお金が足りず、返済できなくなる可能性も無いとは言えません。債務整理は数年間かけて残りの借金を返済していきますが、返済を忘れてしまうことや、出費がかさんでお金が心許なくなるリスクは大いにあり得ます。でも、返済が遅れてしまった場合はそのままにせず、すぐに担当の弁護士や司法書士へ伝えることが重要です。

次に、支払いが遅れる、または遅れた理由を伝えましょう。単に忘れてしまった、今月は出費がかさんで返済が難しいなど、正直に伝えることをおすすめします。数日後れてしまった場合はもちろん、12ヶ月返済が難しかったとしても、大半は猶予をもらえますし、自分への影響もありません。ただし、連絡は必ず入れるようにしましょう。

債務整理後に残りの借金の返済が遅れるケースは珍しくありません。実は良くあることで、何度も返済が遅れてしまう方も中にはいます。しかし、返済能力があるにも関わらず、返済を遅らせる・猶予をもらうことは好ましくありません。本当に返済が難しい場合のみ弁護士などへ相談しましょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。