債務整理で弁護士に支払う報酬の相場

債務整理は弁護士へ依頼するのが一般的です。しかし、弁護士へ依頼するなら報酬を払わなければいけませんが、どの程度を支払えば良いのでしょうか。

債務整理に精通した弁護士も決して少なくはありません。司法書士とは異なり、借金の額に関わらず全ての債務整理を一任できるため、多くの方は弁護士へ手続きを依頼しています。これから債務整理を検討している方も、まず弁護士へ相談してみるのが良いでしょう。債務整理に関する相談は無料という弁護士事務所も多くあります。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

一方で、弁護士へ債務整理を依頼する場合、一定の依頼料(報酬)を支払わなくてはいけません。弁護士も無償で行っているわけではないため、弁護士への報酬は必ず発生します。しかし、債務整理を検討中の方の多くは、お金に余裕が無いケースも珍しくありません。このため、費用面から債務整理を断念することも良くあるのです。では、報酬の相場はどのくらいなのでしょうか?

弁護士へ支払う債務整理の報酬は、成功報酬金と減額報酬の2種類から成り立っています。成功報酬金は債権者1社につき2万円が上限で、減額報酬は借金を減らせた額に対して最大10%です。例えば任意整理で3社、100万円の借金減額に成功した場合、弁護士へ支払う報酬は16万円(3×2万円と10万円)となります。

また、これとは別に別途着手金が必要です。着手金とは、債務整理を正式に受託した際に発生する料金ですが、相場はありません。債権者の数によって変わる場合もあります。着手金は、債務整理の成功の有無に関わらず支払う費用です。上記の2つの報酬と合わせ、大まかな見積もりを出してもらうと良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。