債務整理を行うべきタイミングとは

現在借金で悩んでいる方は、債務整理を検討してみると良いでしょう。でも、どのようなタイミングで債務整理を行えば良いのでしょうか。

債務整理によって生活が少し楽になった、月々の返済額が減り、負担が軽くなったという方も少なくありません。借金で苦しめられ続けるよりも、思い切って債務整理を行ったほうが良いケースもあります。しかし、債務整理は信用情報に影響が出たり、一部の職業に就けない場合があるなど、何らかのデメリットも抱えています。そのため、もし債務整理を行うのであれば、タイミングを見極める必要があります。では、債務整理を行うべき目安はあるのでしょうか?

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

消費者金融などのローンは総量規制の影響を受けています。総量規制は借り入れの上限に関わる制度で、最大でも年収の3分の1が限度額とされています。例えば年収300万円の方であれば、100万円までしか借り入れできません。この3分の1という目安は、借金の返済が何とか行える、というラインと言われています。

しかし、クレジットカードを使いすぎたり、住宅ローンを組んだりすると、この目安がオーバーすることも珍しくありません。返済が滞ることも多くなり、生活にも影響が出る可能性があります。そのため、生活に影響が出た時点で債務整理を行う方も多く、年収の3割をオーバーしたら債務整理を検討してみるのが良いと言えます。

ただし、債務整理のタイミングは人それぞれです。年収の3分の1を超えていなくとも、返済が難しいと感じたら検討の余地があります。逆に3分の1を超えても影響が少なければ、債務整理を行う必要性も薄いと言えます。いずれにしても、弁護士などへ相談してみることをおすすめします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。