債務整理を行うと融資を受けられない?

債務整理後に個人が融資を受けることは可能でしょうか。実は債務整理を行っても融資を受けることは不可能ではありませんが、注意点があります。

債務整理は、個人の借金の一部を免除してもらうことが主な目的です。様々な方法がありますが、自己破産を除いて借金を減額し、生活への影響を少なくすることが役割と言えます。しかし、債務整理を実施するとローンが組めなくなる、クレジットカードが作れなくなると聞いたことはないでしょうか。実際は不可能ではないのですが、特にローンや融資など、新たな借り入れが難しくなることは本当と言っても良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

個人の場合、融資として考えられるのはカードローンやキャッシングですが、いずれも申し込み後に所定の審査が実施されます。審査に通らなければ融資を受けることができません。カードローンなどの審査は、現在の年収や借り入れ状況など、様々な面を考慮して行われます。しかし、債務整理を行うと信用情報に事故情報として記録されてしまう場合があり、審査に影響を及ぼすケースが多いのです。その結果、審査に通らず融資を受けられないという場合もあります。

ただ、絶対に審査で落ちたり、融資を受けられないとは言えません。債務整理の有無に関わらず、年収や返済能力を考慮して審査を実施するケースもあるからです。このため、カードローンなどの融資を受けられる場合もあります。確かに債務整理は審査に少なからず影響を与えます。でも、絶対に融資を受けられないとは限らないのです。借り入れ可能かはその時の状況次第ですが、融資が必要な際は申し込んでみると良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。