債務整理中は生活費に注意

債務整理は数ヶ月程度の時間を要します。この期間中の生活費は自分で工面しなければならないため、債務整理開始前に目処を立てておくことが重要です。

借金を減らしたい方の多くは、債務整理を行っています。方法にもよりますが、現在の借金を減額できる可能性があるため、借金で悩まされているなら検討するのも悪いことではありません。弁護士や司法書士へ依頼し、債務整理が完了すれば、借金が半分以下に減るようなケースもあります。減額幅によっては、以後の生活がとても楽になるでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

しかし、債務整理は数ヶ月ほど時間がかかるのが欠点です。例えば任意整理の場合、弁護士が債権者へ任意整理の受託通知を送付することや、借り入れ状況の調査、そして実際の交渉へ当たるなど、様々な段階を経ないといけません。そのため、数ヶ月はかかることを考慮しておかなければいけないのです。

特に気をつけておきたいのが、債務整理の期間中の生活費です。数ヶ月は一旦返済をストップできますが、その期間中の生活費は自分で工面しないといけません。働いている方なら問題ないものの、収入が一切無い場合、何らかの手段で生活費の確保が必要です。債務整理を行う前に、なるべく貯金しておくことが望ましいと言えるでしょう。

債務整理中にキャッシングなどを利用すれば生活費も問題ないと考えるかもしれませんが、債務整理開始後は借り入れが難しくなります。ほとんどの消費者金融は、融資や貸付に応じてくれない場合が多く、金融機関は更に難しいと言えるでしょう。債務整理が始まると、新たにローンを組むことも困難なため、生活費に関して弁護士からアドバイスを貰うのもおすすめです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。