司法書士へ債務整理を依頼する利点と欠点

債務整理は弁護士へ依頼するのが一般的ですが、司法書士へ依頼することもできます。でも、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

債務整理を検討する方は少なくありませんが、ほとんどの方は弁護士へ相談したり、実際の債務整理を依頼したりしています。様々な手続きや交渉を代行してくれるため、弁護士への依頼が一般的と言っても良いでしょう。しかし、債務整理に関する業務は、弁護士のみが受けている訳ではありません。法的書類の作成代行などが主な業務の司法書士にも依頼できるのです。ただし、利点と欠点がありますので、司法書士への依頼は慎重に判断しましょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

司法書士に債務整理の手続きを依頼するメリットは、費用の節約です。弁護士へ同様の手続きを依頼した場合、着手金や成功報酬などの費用を支払わなくてはいけません。様々な料金が発生することから、費用が高額になるケースもあります。借金の減額には成功しても報酬が高くなってしまったら、債務整理のメリットが薄れることになります。

司法書士の場合、弁護士よりも料金は割安です、着手金が無料の場合も多く、成功報酬なども控えめに設定されているため、費用を節約できる可能性があります。少しでも費用を節約して債務整理を行いたい方は、特に大きなメリットを受けられるでしょう。

しかし、司法書士にもデメリットはあります。借金が高額だと依頼を受けてもらえない点です。借金の上限が決められており、それを超える場合は依頼を断られます。また、弁護士とは異なり法的な代理人とはならないため、債務整理の方法によっては逆に不利になることもあります。弁護士よりも費用は安く済みますが、自分にとってどちらが良いか一度検討してみましょう。

借金をどれだけ減らせるか相談してみる

コメントは受け付けていません。