特定調停とは?メリット・デメリット

債務整理は自己破産や個人再生、任意整理の他に特定調停という方法もあります。しかし、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

債務整理というと、ほとんどの方は任意整理や自己破産を選択します。まれに個人再生を選択する方もいますが、他にも特定調停という方法も存在します。あまり選ばれることのない債務整理の方法ですが、メリットがある一方で、いくつかのデメリットも抱えています。人によっては特定調停も選択肢となりますが、どのような利点や欠点があるのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

まず特定調停とは、簡易裁判所が借金の減額や返済猶予などについて、債権者との仲裁を行う債務整理の方法です。任意整理は直接話し合いを行いますが、債務者と債権者の話し合いに裁判所が介入する点が特徴になっています。自己破産とは異なり職業制限が無く、裁判所が仲介することで強制執行の停止も可能になることがメリットです。

一方、裁判所への申し立てが必要で、特定の条件を満たしていないと選べないというデメリットがあります。債権者との話し合いが行われることから、条件合意へ至るまでに時間が必要で、かつ特定調停の申し立てや交渉時に使う書類の作成が必要です。他の方法よりも、解決に時間がかかってしまうのもネックでしょう。調停が合意に至らない場合も珍しくありません。

特定調停は自己破産のようなリスクも無く、また任意整理とは異なり裁判所が介入するという違いがあります。欠点も少なくありませんが、条件を満たしているのであれば、特定調停も検討してみると良いでしょう。ただし、弁護士などへ相談することが重要です。他の方法と比べ、慎重に選ぶようにしましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。