任意整理と個人再生はどちらを選択するべきか

任意整理と個人再生は、いずれも借金の減額を目指す債務整理の方法です。とても似ている方法ですが、選択するならどちらにするべきでしょうか。

債務整理を行う方の多くは任意整理を選択します。しかし、借金の減額を目指すのであれば個人再生もあり、中にはこちらを選ぶ方もいます。どちらを選んでも借金減額の可能性があることに違いはありません。でも、任意整理と個人再生は全くの別物であり、債務整理を検討中の方はどちらを選ぶかしっかり決める必要があります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

まず、実現可能な借金の減額幅ですが、個人再生は最大で80%のカットが可能な点に対して、任意整理は特に決まりがありません。任意整理の場合、担当の弁護士や司法書士次第と言えます。このため、借金を減らせる可能性が高いのは個人再生です。しかし、個人再生は3年以内に完済が求められている一方、任意整理は最長5年程度まで猶予があります。返済の猶予期間は任意整理のほうがメリットも大きいと言えるでしょう。

手続きの違いも注意しなくてはいけません。任意整理は裁判所を介さないため複雑な手続きが無く、申請に必要な書類準備や時間も不要です。一方の個人再生は、裁判所へ申し立てを行うことから、書類準備や申請に時間がかかる点に注意しましょう。また、申し立てが認められるまでの日数も必要です。

任意整理と個人再生を比較すると、減額幅では個人再生が有利と言えます。一方、任意整理は裁判所の介入が無く、個人再生ほど時間が掛からない点がメリットです。このような理由から、借金の額が多い方は個人再生が良いですが、時間を節約したいなら任意整理が良いと言えます。ただし、どちらを選ぶかは人それぞれですので、弁護士などへ一度相談してから決めましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。