自己破産を申し立てる前に確認が必須なこととは?

自己破産は申し立てを行うまでが大変です。裁判所へ申し立てを行う前に確認すべきことも多いため、忘れずにチェックしておく必要があります。

自己破産が認められれば借金を免除してもらえますが、申し立てを行うまでが大きな山場となります。特に、申請前にチェックが必要なことは多く、確認漏れがあると自己破産が認められないおそれもあるのです。では、どのようなことを確認すれば良いのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

最初に確認しておきたいのが返済状況です。消費者金融などにどの程度返済を済ませたでしょうか。1回も返済していない債権者があると、返済の意思がないと裁判所が判断し、自己破産が認められないことがあります。全て無駄になってしまいますので、必ず確認しておきましょう。

次に確認すべきなのが、保証人の有無です。保証人がいる場合、自己破産を申し立てると債権者は保証人へ返済の請求を行います。保証人に伝えておかなければ、借金を巡ってトラブルになるリスクもありますので、自己破産申請前に相談することをおすすめします。

最後にクレジットカードの利用状況を確認しましょう。例えば公共料金をカード払いにしていた場合、具体的な借金の金額が決まらず、破産申し立てが出来ないこともあります。クレジットカードの利用状況も申請に必要なため、カードの利用を一旦停止するなどの措置が必要です。

1日でも早く借金を免除してもらいたいからと、急いで自己破産の申請をする方は少なくありません。しかし、返済状況を始め、様々な確認事項があります。時間をロスすることにも繋がりますので、焦らずしっかり確認してから申し立てを行いましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。