任意整理をするとカードはどうなる?

任意整理をすると、借金の総額や将来の利息、そして月々の支払い金額が減るというメリットがあります。

しかし、その一方で、任意整理をした後は、新規のカードを約5年間作れなくなってしまいます。

その理由は、ブラックリストに登録されてしまうからです。

具体的には、個人信用機関というところに任意整理をしたことが事故情報として、和解をしてから5年間登録されてしまいます。

つまりその情報が残っている間は、新たにカードを作ることが出来ません。

既に持っているカードはどうなる?

では、今、既に持っているクレジットカードなどはどうなってしまうのでしょうか?

任意整理は、特定の貸金業者を対象にして、行なうことが出来るので、その対象外となった別のカード会社と取引をしていた場合は、引き続き、クレジットカードは使えるのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、クレジットカード会社は、個人信用情報機関を通じて、情報を共有しているため、いずれかは、任意整理をしたという情報も、他のクレジットカード会社へ伝わるようになります。

実際、任意整理をした後でも、しばらくは、今、持っているクレジットカードを使える場合があります。

しかし、これは時間の問題で、いずれかのタイミングによって、クレジットカードが使えなくなります。

また、どんなに遅くても、次の更新時期の時は、確実に使えなくなりますから、覚えておいてください。

ですから、その間は、この方法を使って乗り越えていきましょう。

債務整理をしてカードを作れない場合の対処法

事故情報を確認する方法

任意整理後、5年の期間が過ぎる頃、クレジットカードを新規で作ろうとした際、実際、審査が通るか心配になる人も多いです。

その場合は、個人信用情報機関に、自分の事故情報が乗っているかは、個人信用情報機関と呼ばれる3つの機関へ情報の開示請求をすることによって、調べることが出来ます。

個人信用情報機関は、
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

の三種類があります。

このうち、任意整理の事故情報が記載されるのは、基本的にJICCだけなので、まずは、そこから当たってみるのが良いでしょう

開示をしてもらって、登録情報がなくなっていれば、クレジットカードを作れるチャンス再到来です。

審査の緩そうなクレジットカードから試してみましょう。

登録情報さえなければ、いずれはゴールドカードを持つことも可能となってきますので、是非、希望をもってがんばって下さいね。

これからは、任意整理を行う場合は、これらの情報を抑えた上で、法律の専門家に相談をするようにして下さい。

コメントは受け付けていません。