任意整理をするとクレジットカードが作れない?

任意整理は債務整理の手続きの中の一つなので、任意整理後、信用情報機関に約5年間、債権者の事故情報が登録されてしまうというデメリットがあります。

ですから、その期間に新たにクレジットカードを作ろうとしても、カード会社は、その事故情報を見つけるので、ほぼ確実に審査に落ちることとなってしまいます

また、新たにカードが使えないだけでなく、任意整理前から使っているクレジットカードに関しても、更新の時期を迎えるタイミングで使えなくなったり、途中で停止されたりしてしまいます。

ですから、クレジットカードが使えない期間は、デビッドカードや債務整理を行なっていない配偶者の家族カードを持つようにしながら、何とか乗り切っていくようにして下さい。

リボ払いの借金返済に困った時は任意整理をするべきか?

なぜ、クレジットカードが作れないの?

任意整理をすると、ブラックリストに登録されてしまうと言われますが、具体的には、金融機関だけが、見ることのできる信用情報機関に、事故情報が登録された状態のことを指します。

信用情報機関は、以下のように3つの種類があります。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

ちなみに、CICでは、任意整理を行なったという情報は掲載されないのですが、JICCとKSCでは、しっかりとは登録されてしまい、その期間は5年となっています。

任意整理後は、和解案に従って、基本的には3年間で返済するようになっていますが、仮に3年で無事に完済したとしても、事故情報はまだ登録されているので、もう2年間はクレジットカードを持つのは我慢しなければなりません。

また、上記の3つの信用情報機関は、CRINというシステムでお互いに信用情報を共有しているため、銀行系、消費者金融系、信販系、どの系列のカード会社を通じて、申し込んでもクレジットカードは作れないということになってしまうのです。

クレジットカードを使えない場合の対処法

任意整理をして、ブラックリストに登録されると、5年間は、クレジットカードが使えないだけでなく、

  • 住宅ローンが組めない
  • 自動車のローンが組めない
  • スマートフォンや継体電話を割賦制で分割購入できない

などの制約が生まれてしまいます。

債務整理をすると自動車ローンはどうなる?

ただし、パスポートを作ったり、運転免許を更新したりすることは出来ますので、その点ではご安心下さい。

もちろん、クレジットカードが作れないと、いろいろ不便に感じるかもしれません。

ですから、支払いをする際、すぐに引き落としがされるデビットカードを利用するというのも一つの方法です。

またブラックリストに載っていないご家族が契約者になっているカードの家族カードという形であれば持つことも可能です。

債務整理をした後にカードを持てない場合の対処法

クレジットカードを作れない期間の過ごし方

 

任意整理を行なえば、利息制限法に基づいて引き直し計算を行ない、払いすぎた利息があれば、過払い金として借金の残高から差し引くことが出来ます。

また将来利息をカットすることが出来るため、続きの返済をグッと軽くすることが可能となってきます。

任意整理で300万の借金返済

その分、月々のやりくりには余裕が生まれるので、任意整理を行なった後は、その分、蓄えを作っておいて、いざという時の出費に備える方も多いです。

クレジットカードを持っていると、ついつい借金をしてしまうものですが、しばらくクレジットカードを持てない期間を持つことによって借金癖をなくす良い転機となることもあります。

そのように前向きにとらえていきながら、この期間を乗り越えていくことが大切です。

任意整理は、約5年間、新たな借り入れが出来ないという点を除いては、ほとんどデメリットがない手続きですので、借金にお悩みの方は気軽に法律の専門家に相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。