債務整理が出来ない場合がある?

債務整理が出来ない場合があるのはご存知ですか?債務整理は借金問題を解決するための手段ですが、それなのに債務整理が出来ない場合があるのは何ででしょうか?

借金をして支払いが出来なくなっても、『債務整理があるから大丈夫』と思っていませんか?確かに債務整理は借金問題を解決するにあたりとても役に立ちます。特に支払い能力がなく途方に暮れている方にとっては有り難い解決方法でしょう。それなのに債務整理が出来ない場合があるというのはどういうことでしょうか?

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 ひと口に債務整理といってもさまざまです。大きく3つ、任意整理・自己破産・個人再生があり、それぞれ債務整理が出来なくなる場合の理由は異なります。まず任意整理は、原則3年で完済することを条件としています。長くても5年以内には完済しなければいけません。ですから、この条件をクリアできなければ任意整理は難しいでしょう。借金の元金が1,000万円、毎月5万円返済した場合でも、5年かけて300万円しか返済できなので任意整理は不可能になってしまいます。他にも、『一度も返済していない』『安定継続した収入がない』場合も難しいでしょう。

 自己破産は、自己破産の条件に当てはまらない場合と免責不許可自由に該当しない場合に、手続きが不可能になります。自己破産は、『支払いが困難に陥った場合』に有利となりますから、当然返済できそうな場合や12年で完済できそうな金額の場合は自己破産の手続きは出来ないでしょう。

 個人再生は、再生計画の不備や借金の総額が上限を超える場合などに不可能となります。自己破産同様、個人再生の再生計画が遂行できないと判断された場合も難しくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。