バイクローンを債務整理した場合

消費者金融やクレジットカードによる債務整理以外にも、バイクローンやその他ローンによる借金で債務整理になる場合もあります。この場合はどうなるのでしょうか?

バイクをローンで購入し、返済が困難になり債務整理を考える方もいるでしょう。しかし気になるのが債務整理をしたことでブラックリストに登録されないか?バイクを失ってしまうことはないか?ということです。また、債務整理をした後にバイクのローンを組みたい場合なども、どうなるのか気になります。事前に知っておくと、万が一のときでもしっかり対処できるでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 まず、バイクローンを債務整理した場合に起こる影響です。結論からいいますと、バイクは失ってしまいます。バイクローンの利用では、ローン完済まで所有者の名義はローン会社です。自分自身の名義ではありませんので、当然債務整理をするとバイクは引き上げられます。もちろんこれはローン支払いを滞納した時も同様です。この仕組みは、車のローンも同じで、やはり債務整理は車やバイクにも大きな影響が出ることが分かります。

 しかし債務整理の内容によって状況が変わります。債務整理は任意整理・自己破産・個人再生の3つに分けられますが、このなかで任意整理は債務整理をする債権者を選べますから、借入先だけ債務整理するだけで済みます。バイクを引き上げられることもないでしょう。しかし自己破産と個人再生になると、バイクローンだけを支払うことは出来ないため、残念ながらバイクは引き上げられてしまいます。ですから、バイクローンを債務整理する場合は、できるだけ任意整理を選択するように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。