債務整理によるペナルティとは

債務整理で気になるのが『ペナルティ』です。債務整理は借金問題の解決になるメリットがありますが、そうでないケースもあります。

債務整理で最大のペナルティが『ブラックリスト』でしょう。いわゆる信用情報機関に登録される事です。これはどの債務整理でも共通していえることで、自己破産をしなくても、任意整理や個人再生でも個人信用情報には傷がついてしまいます。このブラックリストに登録されてしまうと、新しくクレジットカードを作ることはもちろんのこと、ローンの審査にも通りにくくなってしまうデメリットがあります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 また、このペナルティは1年や2年という短い期間ではありません。最低でも5年、長い場合は10年も続くといわれていますから、非常に大きなペナルティになるでしょう。債務整理によりブラックリストの登録期間は異なり、信用情報機関による差もありますので、『5年経っても解除されない』ということも十分あり得ます。一般的に、任意整理は約5年間、自己破産と個人再生が約510年間といわれています。

 信用情報機関は大きく3種類あります。1.CIC2.JICC3.JBAです。CICは信販系の信用情報機関で、正しくは『指定信用情報機関』です。氏名・住所をはじめ、住所や勤務先の商号、運転免許証番号なども登録されます。JICCは『日本信用情報機構』。消費者金融系の指定信用情報機関で、もっとも多くの業者加盟があります。JBAは、『全国銀行個人信用情報センター』です。CICJICCとの違いは、『銀行が主な会員』であること。そのため、情報を共有するには非常にハードルが高いといわれています。

コメントは受け付けていません。