250万の借金を整理するには

250万円という高額借金の場合、任意整理・自己破産・個人再生のうちのどの債務整理が最適なのでしょうか?高額借金でも安心して解決する方法を伝授。

債務整理は、200万円以上の借金でもきちんと対応してくれます。債務整理なら借金の元金を減らすことはもちろんのこと、金利をゼロにすることもできます。一般的に、弁護士に借金の相談をする場合、債権額の目安は140万円になります。この金額を基準に、どのような方法で債務整理をしたら良いかきちんと対応してくれます。ちなみに、司法書士は債権額が140万円以下でなければ対応してもらえませんので、250万円の借金なら必然的に弁護士に相談することになります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 250万円の借金を抱えている人の多くは、複数社から借り入れをしていることがほとんどだといわれています。あちこちで借金をしてしまったことで、総額が250万円まで膨れ上がってしまったケースです。貸金業者には借りられる範囲が個々で決まっていますから、すべての人が一度に250万円借りることは困難。そのため、多くの場合、複数社から借り入れし総額250万円になってしまったという方が多いのでしょう。

 250万円の借金を債務整理することは十分可能ですが、問題はどの債務整理が適しているかです。なるべくは自己破産は避けたいという方も少なくないのでは?任意整理や個人再生の場合、原則で3年、長くても5年間で完済することが条件になります。そのため、どんなに減額されても毎月の返済額は5万円程。それを3年で完済することは困難ですから、結局5年間返済し続けることになってしまいます。それを考えると、すぐに借金がゼロになる自己破産のほうが安心です。もちろん自己破産には相応のリスクがあります。そこもきちんと理解し、しっかり相談して決めましょう。

コメントは受け付けていません。