カードローンによる借金の任意整理はできる?

借金の原因がカードローンだった場合、任意整理は出来るでしょうか?借金の内容では債務整理がメリットにならない場合があるといわれています。

カードローンの場合、利息のほとんどが18%程度です。この利息は利息制限法の範囲内になりますから、引き直し計算をしても減額があまり期待できないといわれています。もちろん債務整理が出来なくはありません。しかしメリット・デメリットを考えると、デメリットになるのは事実でしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 債務整理の種類は任意整理・自己破産・個人再生の3つの手続きです。任意整理を利用すると、原則として将来利息がカット出来ますから、カードローンによる借金でも役に立つ場合があるでしょう。事実、カードローンを任意整理し、180万円もの減額に成功した方もいます。任意整理の『将来利息がカットされる』というのは非常に大きなメリットです。よって、カードローンは引き直し計算では減額はあまり期待できませんが、任意整理の将来利息カットでは大きなメリットになるでしょう。よって、カードローンで債務整理をするなら断然任意整理がオススメです。

 もちろん良いことばかりではありません。任意整理は、原則3年以内に完済しなければいけません。カードローンの返済は月々1万円になることが多いですから、3年以内で完済するとなると完済時期は早まりますが、月々の支払い額は当然増えてしまいます。そのため、任意整理は非常にメリットが高くなるとはいえ、必ずしも適しているかといったらそうではないのが現状です。債務整理には自己破産・個人再生もあります。まずは法律事務所へ相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。