借金を整理した後のクレジットカード更新

債務整理をすると、クレジットカードの更新が出来なくなると心配する方も多いでしょう。実際、更新や使用には影響するのでしょうか?

クレジットカードは信用情報機関へ情報照会を行っています。それでカード利用者の信用問題をチェックし、経済状況などを把握しているため、当然債務整理は『事故情報』として登録されることになります。事故情報とはブラックリストのこと。事故情報は一生残るということはありませんが、登録期間は最低5年であるため、決して短い期間とはいえないでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

 更新の有無は、状況によって異なります。未使用の場合、債務整理の対象外になります。支払いで使用したことのないクレジットカードは、たとえ債務整理をしても影響はほとんどないといわれています。また、残債が少額であっても債務整理の対象外になります。そのため債務整理をしてもクレジットカードは手元に残ることになるでしょう。しかし、決して永久的に使えるわけではありません。しばらくはショッピングやキャッシングをすることは可能ですが、状況によっては使えなくなることがありますので注意してください。

 クレジットカード会社は、定期的に信用情報機関へ情報照会をします。そのため、債務整理後に使用していたクレジットカードで事故情報が発覚した場合、更新・使用は出来なくなってしまうでしょう。基本的に債務整理とクレジットカードは関係ないといわれていますが、状況によっては使えなくなる場合がありますので気をつけてください。

 更新・使用ができない期間は、信用情報が回復されるまで待つ以外方法はありません。

コメントは受け付けていません。