任意整理をした後の再和解について

任意整理をスタートさせるには和解が必要ですが、必ずしもスムーズに返済が出来るとは限りません。そのため、返済を怠ると、再和解の必要があります。

任意整理をすると利息がカットされるため、借金はマイナスになります。借金がマイナスになると一見返済しやすいイメージがありますが、借金は残っているわけですから、なかには返済が滞ってしまう人もいます。しかし、任意整理をしたにもかかわらず、再び返済が滞ることはなるべく避けたいものです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

万が一このような状況に陥った場合、貸金業者は損害金の請求や残額の一括返済などを求めてきます。非常に容赦ない対応をしてきますので、注意しなければいけません。なぜこのような対応をしてくるのかというと、任意整理の和解契約書に書かれている内容が関係しています。契約書には、『懈怠約款(けたいやっかん)』と呼ばれる返済が滞った場合の規定が含まれています。要するに、返済が遅延した場合、先にも述べたように損害金の請求や残額の一括返済がありますよという意味になります。場合によっては裁判を提起してくることもありますので、すぐに対処しなければ大事になってしまうでしょう。

そこで『再和解』です。個人では応じてもらえない可能性が高いので、必ず弁護士を通さなければいけません。再和解をすることで貸金業者側に柔軟な対応を求めることができ、任意整理後の不安もだいぶ解消されるでしょう。

もちろん、弁護士の交渉力にもよりますので、必ずしも再和解できるわけではありません。だからこそ、借金を整理する場合、債務整理に強い弁護士を選びましょう。債務整理をするうえで非常に重要です。

コメントは受け付けていません。