車を維持したまま借金を整理することはできる?

債務整理を検討している方のなかには、車を所持している方もいるでしょう。車を維持したまま借金を整理することはできるのでしょうか?

債務整理といっても任意整理・個人再生・自己破産の3つに分けられます。債務整理だから車が処分されるのではなく、債務整理の種類によって処分されるといったほうが正しいでしょう。3つの債務整理のうち、車が処分されるのは自己破産です。任意整理・個人再生では車を失うことはありません。特に高価な車の場合、自己破産をすると処分されてしまいます。ですから、車を残して債務整理をしたいという方は、任意整理または個人再生を選択することをオススメします。ただ、車を残して債務整理をすると、車のローンの支払いもありますから、当然生活は厳しくなります。もっとも大事なのは借金を整理することですから、債務整理をして返済が滞ってしまうのは避けなければいけません。無理に債務整理をしても、返済が出来なければ自己破産を選択せざるを得なくなってしまいますから、しっかり計画を立てて債務整理の手続きをしましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

個人再生の場合、ローンがあると『所有権がどうなっているか』で変わってきます。所有権がローン会社の場合、たとえ個人再生でも車は処分することになりますので注意してください。自身以外が所有権になっている場合、車が担保になっているため残すことは困難になってしまいます。そのため、車は処分されてしまうのでしょう。

自己破産でも、車を家族や第三者に買い取ってもらった場合は、処分を避ける事が出来ます。自分が所有しているわけではありませんから、どうしても車を処分したくない方で自己破産を検討している場合、この方法を利用してみてください。

コメントは受け付けていません。