任意整理(債務整理)で一括返済は絶対しない方が良い理由

任意整理(債務整理)で一括返済は絶対しない方が良いです。

任意整理をすると、借金の総額が減ったり、月々の返済額がグッと減ったりして、かなり返済が楽になります

借金返済に追われまくっていた頃は、返済日を迎えるのが、怖くてしょうがなかった方も、返済の負担が軽くなってくると、気持ちに余裕が出て来るものです。

「ボーナスとか臨時収入が発生したら一括返済でもしてスカッとするか?」という気持ちがムクムク湧いて来る方もいらっしゃいます。

もちろん、和解案で決まった内容に違反していなければ、任意整理後の一括返済をすることは可能なのですが・・・

実は、弁護士と相談しながら、うまくやらないとある落とし穴にハマってしまう可能性があるのです

詳しい内容は、こちらのサイトで相談してみるとすぐ分かります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理後の一括返済は弁護士を通じて

任意整理をした後、通常は3年~5年で残債を返済していくようになります。

ただ、それを一括返済しても、債権者との間に交わした和解案の内容に反するものでなければ、基本的に問題ありません。

しかし、その場合は、直接、債権者に依頼するのではなく、弁護士を通じて相談するようにして下さい

なぜなら、任意整理の和解案は、弁護士(または司法書士)を通じて、行なっているからです。

一括返済をする時だけ、債権者と直接交渉をしようとすると、話がややこしくなる場合があるので、注意が必要です。

一括返済をして得られる少しのメリットと大きなリスク

ただ、私は、任意整理後の一括返済をオススメしてはいません。

なぜなら、一括返済をしても、メリットを得られるのは債権者(消費者金融など)だけで、債務者(あなた)は逆にリスクを負ってしまうからです。

もちろん、一括返済する債務者も、気持ちがすっきりするというメリットがありますが、メリットがあるとすれば、はっきり言って、それだけです。

一括返済すると、何だか得した気分になりそうですが、実際に得をするのは、通常の借金のように利息が付いている場合のみです。

借金の返済総額は変わらない

任意整理の場合だと、将来利息は原則カットされているので、一括返済をしても、最終的に返済する借金の総額はまったく変わりません

また、任意整理後の一括返済だけでなく、繰り上げ返済も決してオススメできません。

繰り上げ返済をしても、月々の返済金額が、さらに減ることはないため、逆に支払いがきつくなってきた時に、苦しくなってくるからです。

任意整理で返済が出来なくなると、かなり話がややこしくなってきます。

任意整理で返済できないとどうなる?

新たな借金が出来ないというリスク

また、任意整理後に一括返済をしてから、さらに借金をしなければならない事情が生じてくると、別の観点でも窮地に追い込まれます。

なぜなら、任意整理をした後は、それから約5年間は、完済をしていたとしても、ブラックリストに載ってしまった情報が消えず、新たな借入を行なうことが出来ないからです。

任意整理をして、せっかく良い条件を手にしたワケですから、経済的に余裕が生まれた場合でも、敢えて一括返済をせずに、その間、貯金をしまくるぐらいの気持ちで、手持ちのお金を増やしておいた方が良いでしょう

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理をする際、返済プランについて分からないことなどあれば、弁護士や司法書士に気軽に相談してみて下さい。

コメントは受け付けていません。