債務整理中の引っ越しで注意したいこと

債務整理をすると引っ越しは出来るでしょうか。債務整理はさまざまな問題を引き起こすため、アパートやマンションの賃貸契約が心配です。

そもそも、債務整理と賃貸契約は関係あるのでしょうか?結論からいいますと、時と場合によります。残念ながら、『まったく関係ない』といえないのが現実です。なぜこのような中途半端なのかというと、不動産業者や家主によって対応が異なるため。賃貸契約する際、氏名や住所以外に職業や年収も必要になります。これは、入居審査に用いられるからです。入居審査は、不動産業者や家主が行います。クレジットカード会社等の場合、信用情報機関のチェックがありますが、賃貸契約ではこのようなことはありません。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

それなら債務整理をしても問題なく賃貸契約できるのでは?と思うでしょう。しかしこれは先にも述べたように不動産業者や家主よって対応が違いますから、断言することは出来ないのです。ただ多くの場合、債務整理をしても賃貸契約が出来るといわれていますから安心してください。そもそも、債務整理をした事さえバレないといわれているくらいですから、債務整理中でも引っ越しは可能です。ただし、在籍確認があった場合は話は別です。

また、近年は家賃保証会社に加入するのを条件としている賃貸物件が増えています。そのため、家賃保証会社が絡んでくると債務整理中の賃貸契約は難しくなってきます。むしろ高確率で契約が出来なくなるので気をつけましょう。

債務整理中に引っ越しを考えている方は、家賃保証会社のない物件を狙うのがオススメです。もちろん、できれば完済してから契約したほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。