債務整理にかかる手数料の平均を知っておこう

債務整理は、任意整理・個人再生・自己破産の大きく3つに分けられます。これらの債務整理は、それぞれ手数料が異なります。

まず、債務整理には着手金と成功報酬が必要になり、着手金は先にも述べたように債務整理の内容によって異なってきます。借入金の総額や難易度によっても違うため、『債務整理をすると着手金は円になる!』と断定できないのが現実です。成功報酬は、借入金総額や債務免除、過払い金返還金額によって決まります。基本的に、経済的利益の一定割合or定額になります。そこを理解しておくと、相談しやすいでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

もちろん、相談する相手によっても違ってきます。債務整理は弁護士だけでなく認定司法書士でも可能ですが、弁護士と認定司法書士でもやはり手数料は異なります。基本的に弁護士のほうが有利になりますが、債権総額が140万円以下であれば認定司法書士でも依頼可能です。その辺もきちんと調べておくと安心でしょう。

任意整理の平均相場は1社につき着手金3万円~、成功報酬は10万円程度です。当然、複数社から借入していた場合はプラスされますのでお間違えのないようにしてください。個人再生の平均相場は、すべて込みで50万円~がほとんどです。認定司法書士に依頼した場合は30万円~と弁護士より少し安くなります。ただし、住宅ローン特別条項で住宅ローンを残していると510万円が平均になります。

自己破産の平均相場は、すべて込みで4060万円程度といわれています。まずは各弁護士事務所で手数料を確認し、比較してみましょう。

コメントは受け付けていません。