内緒で借金を整理することはできるのか?

債務整理は借金の返済に困った場合、最終手段として利用します。そのため内緒で債務整理をしたいという方は多いと思いますが、可能なのでしょうか?

内緒で借金をしている方は珍しくありません。そして、誰にも知られず債務整理をしたいという方も多いでしょう。完済まで秘密を貫き通すことができれば良いですが、返済難に陥ればそうはいきません。特に家族と同居している方はいつまでも内緒でいるのは難しいでしょう。返済難に陥る前に債務整理をするのが一番ですが、果たして債務整理も内緒に手続きすることはできるのでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

結論からいいますと、債務整理の内容によって異なります。債務整理には個人再生・自己破産・任意整理の種類があるのはご存知の方も多いでしょう。このなかで家族や周囲に知られずに借金を整理できる方法は『任意整理』です。特に借金の総額が200万円以下の場合、ほとんどが周りに内緒で解決しています。任意整理をすると督促が止まるので、貸金業者からの取り立てはまず無くなります。また弁護士が代理人になってくれるので安心。手続きも少ないので、短期間で終わるのも任意整理の良いところです。

ただ家族に保証人がいたり、訴訟沙汰になった時は別です。この場合、家族に知られる可能性があります。給与の差し押さえも同様です。家族に保証人がいる場合、債務者は保証人に返済を請求するため債務整理をしたことがバレてしまいます。訴訟提起された場合は自宅へ訴状が送付されますから、諦めるしかありません。給与の差し押さえも、家計に入るお金が減るので感づかれやすいでしょう。任意整理だからといって絶対に家族に知られないわけではありませんので、注意してください。

コメントは受け付けていません。