妊娠中で借金の返済が出来ない場合の対処法

妊娠で働けなくなった場合、借金はどのように解決すれば良いのでしょうか?免除されることはあるのでしょうか?妊娠中の借金問題について紹介しています。

妊娠中だからといって借金問題が緩和されることもなく、何か免除されることなどもありません。残念ながら、たとえ妊娠中でも抱えた借金はきちんと返済しなければいけません。とはいえ、返済難に陥ってしまった場合、そう簡単に返済することは難しいでしょう。そこで『債務整理』です。妊娠中は働くことができませんから、当然収入はありません。夫の収入だけでは返済できないという場合、やはり最終手段として債務整理を利用するのが一番です。『なるべくは債務整理を利用したくない』という方もいるかもしれませんが、返済を遅延すると大きな問題になります。ですから、借金問題が大きくなる前に弁護士に相談し、適した方法で債務整理をしましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理には個人再生・自己破産もありますが、基本的に任意整理で進めていきます。個人再生は住宅ローンを残して減額し返済する方法、自己破産は財産をすべて失うものの借金は無くなります。しかしこれらは余程のことがない限り利用する必要はありません。ある程度の借金であれば、任意整理で十分です。将来利息をカットし元金を減額して返済できますから、毎月の返済負担も軽くなるでしょう。妊娠中で働けないのであれば、なおさら任意整理がオススメです。

そして、任意整理をすると督促がストップするので、取り立てのストレスも緩和します。妊娠中は心身へのストレスを避けなければいけませんから、ぜひ債務整理を検討してみてください。

コメントは受け付けていません。