債務整理の返済中に返済額変更は可能?

債務整理中に病気やけがなどで返済が難しくなった場合、弁護士に計画の見直しを依頼することで、返済額変更を認めてもらうことが可能です。

債務整理の手続きをすると、その人の収入や生活にかかる費用などを考慮しながら毎月の返済額が決められます。経験豊富で法律に関して専門的な知識を持つプロが計算しているものなので、ここで決められた返済額は決して無理な金額ではありません。しかし、債務整理の返済中に病気やけがで収入が減ってしまったり、失業して収入が無くなってしまうということが起こらないとも限りません。債務整理の返済は原則的に3年間ですが、長ければ5年計画にすることもできるので、この期間の間に何かしら毎月の返済ができなくなってしまうことが起こる可能性はゼロではないのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

もしも債務整理中に返済が難しくなった場合、弁護士に相談して計画の立て直しができます。買い物をしたとかギャンブルで負けたなどの理由では認められませんが、病気や怪我、ボーナスカットなど自分ではどうすることもできない理由なら、見直して返済額変更をしてもらうことができます。毎月の返済額が少なくなれば、生活が圧迫される負担は軽くなりますし、返済期間が伸びたからと言って完済までに支払う合計が増えるわけではないというメリットがあります。しかし、計画の見直しを依頼すると、30万円~50万円程度の費用がかかりますし、手続きしてから認められるまでに3か月ぐらいの期間がかかるので、ギリギリまで待ってしまうと手遅れになってしまう可能性もあります。ちなみに、返済額を増やすという場合には、問題なくサッと手続きできるので簡単です。

コメントは受け付けていません。