生活できないほどの借金を抱えても確実に解決できる方法

生活できないほどの借金を抱えてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

実際、それだけの借金を抱えてしまうと、夜逃げをしたり、闇金に引っ掛かったり、最悪の場合は自殺をしてしまったりする方もいらっしゃいます。

しかし、本当はそこまで苦しむ必要は全然ありません

実は、法律の専門家に相談をすれば、簡単にかつ確実に借金問題を解決することが可能なのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金を抱えてしまう理由

生活できないほどの借金を抱えてしまうには色々なパターンがあります。

  • パチンコ、ギャンブルでの借金が膨らみ続けた
  • 病気やリストラで収入が減ってしまった
  • 給料は増えないのに教育費など支出が上回る期間が続いた
  • 買い物依存症になってしまった
  • 事業に失敗してしまった

借金は一度増え始めると、雪だるまのように膨らみ続けます。

そうすると月々の返済額に占める利子の割合が増え、元本が減らなくなります

やがて月々の返済額を支払えなくなると、別の消費者金融などから借りて返済に充てることを繰り返していく内に多重債務者になるパターンは非常に多いのです。

借金が返済不能になったらどうすべき?

生活ができないほどの借金が増えてしまった方の中には、様々な苦しみを味わいながら究極の選択肢を迫られる方が多いです。

  • おまとめローンなどに申込んで借金をまとようとしても審査が通らない
  • 貸金業者からの取り立てに耐え切れず夜逃げをしてしまう
  • 闇金などの違法業者に依頼をしてしまい、さらに苦しむ
  • 精神的に追い込まれて自殺をしてしまう

ただ、上記の方法はいずれも、より多くの苦しみを生み出すだけで、根本的な問題の解決をすることは出来ません

しかし、債務整理を行なえば、生活できないほどの借金があっても対処することが十分可能です。

債務整理という借金の解決策

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と全部で4つの種類に分けることが出来ます。

あくまでも合法的に手続きを行っていくので、無理がありませんし、確実に借金をチャラ(帳消し)にしたり、減らしたりすることが出来ます

債務整理を行なえば、余計な利息を払う必要も原則としてなくなります。

債務整理は自分で出来る?

生活できないほどの借金を抱えていると、債務整理を自分で出来ないかと考える方もいらっしゃいます。

もちろん、自分でも出来ないことはありませんが、かなり時間と手間が掛かってしまいます

うまく書類が揃えられないと手続きが却下されることもあります。

ですから、債務整理は弁護士や司法書士を通じて行なうことをオススメいたします。

債務整理を依頼するとこんなメリットも

弁護士や司法書士に債務整理の手続き依頼した場合は、受任通知を貸金業者に送ってもらうことが出来ます。

その通知が債権者に届くと、支払いの督促や取り立て、そして返済自体も一時的にストップするというメリットがあります。

催促や支払いが止まれば、その段階で精神的にはかなり楽にります。

債務整理を弁護士に依頼する場合の費用

しかし、生活できないくらいの借金を抱えてしまっている場合、貯金など余分なお金なんてあるはずがありません。

そういった中で費用はどうするのか不安になってしまいますよね。

法律事務所へ依頼した場合の目安費用はこちらを見れば分かります。

任意整理の費用目安

個人再生の費用目安

自己破産に費用目安

借り入れ件数や借金の金額によって費用は変わってきますので、一つの目安として参考にして下さい。

また、弁護士事務所や司法書士事務所の中には、分割払いや後払いに対して柔軟に対応してくれるところも多いです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

生活できないほど借金が膨らんでしまった場合は、早め早めに法律の専門家に相談しながら、対処していくことが大切です。

コメントは受け付けていません。