債務整理後にまた借りることはできる?

債務整理後には、顧客信用データベースへ事故記録が載るので、5年から10年間は申し込んでも審査落ちしてしまいます。借り入れは難しいと考えましょう。

債務整理をした後に、病気やけがなど予期しない事態が起こってしまい、お金が再び必要になることはあるかもしれません。しかし、債務整理をすると顧客信用データベースへ事故記録がつくため、金融機関へ借入の申し込みをしても審査に通る可能性は限りなく低くなってしまいます。借りたくて申し込みをしても、実際に借りられる確率は極めて低いと言えるでしょう。これは、審査を行う借入れ商品ならすべてに共通するもので、キャッシングやカードローンはもちろん、クレジットカードも全てNGとなります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理後にまた借りるには、どのぐらいの期間待てばよいのかという点ですが、顧客信用データベースから事故記録が抹消されれば再び借りられるようになります。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがあり、それぞれ何年間事故記録が残るかは信用データベース管理機関によっても異なりますし、どんな方法の債務整理をしたかによっても異なります。目安としては5年から10年となり、期間が来れば特別な手続きをしなくても自動的に事故記録が抹消される仕組みになっています。

5年から10年間という期間はとても長いですし、その間は借りたくても借りることができません。この期間を「早く借りたいな」と待つのか、それとも借りずに生活できる方法を模索したり工夫するのかは、その人の気持ち一つではないでしょうか。同じ間違いを繰り返さないように、しっかり肝に銘じておきたいものです。

コメントは受け付けていません。