債務整理で離婚するメリットとデメリット

債務整理で自己破産する前に偽装離婚で資産を守ろうとしても、裁判官や弁護士にすぐに見破られてしまいますし、免責が下りない可能性が高くなります。

債務整理の中でも自己破産をすると、基本的に財産などはすべて没収されてしまいますし、顧客信用データベースに事故記録がついてしまうため、その後10年ぐらいは借入やローンの申し込みをしても審査に通らなくなってしまいます。そのため、債務整理することを考えているカップルの中には、妻にすべての財産を託した上で離婚してから自己破産をすれば、持っている資産はそのままにして借金だけをなくすことができるのではないかと考える人がいます。理論的には不可能ではありませんが、そうした邪な心を持つ人はとても多いため、裁判官や弁護士にすぐに見破られることになります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理のための偽装離婚だと分かると、自己破産の申請をしても免責を受けることができなくなり、本来なら借金ゼロになるはずの人でも全額返済義務が生じてしまいます。もしかしたらうまくいくかも、というメリットはありますが、リスクも考慮するとデメリットの方がはるかに大きいため、偽装離婚は考えずに正々堂々と債務整理手続きをしたほうが良いでしょう。

ただし、借金のことが原因で夫婦仲が悪くなり、本当に離婚するカップルはいますし、借金を作ったのは夫なのだから妻が全財産を持って離婚するというパターンも存在します。そのため、債務整理の前に離婚することが必ずしも偽装離婚というわけではなく、ケースバイケースで裁判官と弁護士が判断することになりますし、離婚が本当なら免責が認められることはもちろんあります。

コメントは受け付けていません。