債務整理の和解書には何が記載されるのか?

債務整理の中でも裁判所を通さない任意整理をした場合には、金融機関と合意した内容を示す和解書を弁護士もしくは司法書士が作成する必要があります。

債務整理の中でも、裁判所を通さずに直接金融機関と交渉して和解をする任意整理の場合には、どんな内容で和解したのかを法的な書類として残しておかなければいけません。その書類が和解書と呼ばれるもので、法的に有効となる書類なので債務整理を依頼する弁護士や司法書士に作ってもらうのが一般的です。どんな内容が記載されるのかという点ですが、借金は残債がいくらあり、どの金利で支払うのかという点や、毎月いくらの返済額をどのぐらいの期間続けるのかという細かい点が記載されます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

返済方法についても和解書に記載されます。銀行振り込みで返済する場合には、振込先の銀行口座の情報が記載されますし、毎月何日が期限という点についても明記されて、もしも返済が遅延する場合にはどんなペナルティになるのかについても記載されます。和解書にはできるだけ細かい内容を記載するのが一般的で、もしも債務整理の返済ができない場合などには、この和解書をみればどんなペナルティがあるか分かりますし、どんな対応をすれば良いのかも知ることができます。

任意整理では、裁判所を通してはいないので和解書にかかれている内容が法的な効力を持つことになります。自分の身を守るためにも、完済するまで和解書は紛失しないように安全な場所に保管しておくようにしましょう。また、万が一返済できないような場合には、1人で悩まずに直ちに和解書を作成してくれた弁護士に相談することが大切です。

コメントは受け付けていません。