銀行ローンを債務整理するポイント

銀行ローンの債務整理をする際、事前に預金を引き出して残高をゼロにすることと、お給料などの振込口座を変更することが必要です。

銀行からの借り入れにはいろいろな種類があります。住宅ローン・自動車ローン・カードローンなど、多種多様です。銀行からの借り入れで返済ができなくなってしまい、債務整理をする場合には、手続きを始める前に注意点があります。まず1つ目は、整理の対象となる借入と関係のある銀行の口座を持っている場合には、残高をゼロにするようにしましょう。これは、債務整理の手続きをすると、借入口座だけでなく普通口座などの預貯金口座も凍結されてしまうためで、残高を引き落とすことができなくなってしまいますし、そこにお給料が振り込まれると自動的に没収という扱いになってしまいます。こうした凍結は、債務整理による口座凍結期間の1ヶ月~2ヶ月が過ぎると解除となりますが、債務整理の種類によっては預貯金は全て没収となって戻ってこないことがあるので注意しましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

また、会社勤めをしていてお給料が銀行口座に振り込まれる場合には、会社に手続きをして借金とは全く関係ない別の銀行口座を作り、そちらに振り込んでもらえるように変更の手続きをしておきましょう。債務整理の手続きで全ての銀行口座が凍結するのではなく、借入と関連した銀行の口座のみなので、関係ない口座はそのまま普通に使えますし、お給料の振込をしてもらっても大丈夫です。なお、銀行系の借り入れを債務整理すると、個人情報データベースへの事故記録が時効になった後でも銀行自身のデータベースには事故記録が残ってしまうので、借入は一切利用できなくなります。

コメントは受け付けていません。