債務整理と財産分与の関係は?

財産分与では、被相続人が持っていたマイナスの資産においても分与する必要があり、債務整理の返済額も相続をすることになります。

財産分与は、預貯金や不動産などプラスの資産のみでなく、借金などマイナス資産に関しても分与しなければいけません。相続放棄という形で受け取らないという選択肢がありますが、その場合にはマイナスの借金だけでなくプラスの資産も全て受け取らないということになるので、難しい選択になります。そのため、相続においては、プラスの資産とマイナスの負債を計算して、結果的にプラスになるなら相続をし、マイナスになるなら放棄するというのが一般的です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

財産分与をすると、被相続人との関係によって、誰がいくら受け取るのかという分配が法律によって決められています。話し合いによって家族で微調整をしていくことになりますが、その際にはプラスの財産もマイナスの財産も同じ割合で分与することになります。

例えば亡くなった被相続人が生前に債務整理をしていて、毎月30万円の返済があったとしましょう。配偶者がすでに亡くなっていたために3人の子供が相続人となり、不動産や預貯金も含めて財産分与した場合、子供の相続分は3人で平等になるため、毎月30万円の返済についても3等分されて、各人が毎月10万円の返済を背負うことになります。この手続きは、相続の話し合いがまとまった後に弁護士や裁判所に依頼して適切な手続きが必要となります。忘れたふりをしていても払わずに済むという選択肢はありませんし、後からでは家族同士で話し合いづらい環境になってしまうこともあるので、プラスの財産と同じタイミングで債務の分与も話し合っておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。