債務整理を依頼するなら弁護士と司法書士どちらがおススメ?

債務整理の依頼は、交渉スキルの高い弁護士に依頼するか、費用がリーズナブルな司法書士に依頼するかはケースバイケースで決めましょう。

債務整理を相談できる事務所には弁護士事務所や法律事務所などありますが、対応できるのは弁護士か司法書士の資格を持っている人となります。どちらも法律に精通しているプロなので、依頼してもしっかりと債務の解決をしてくれるという点では安心ですが、どちらを選べばよいのか迷ってしまいます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

弁護士と司法書士とでは、同じ法律系の国家資格と言っても、いくつか違いがあります。まず、債務整理の中でも任意整理の依頼をする場合には、債権者となる金融機関と直接交渉をすることになり、交渉力によって最終的な和解策は異なります。そのため、できるだけ交渉力のある人に依頼するのが適切なわけですが、弁護士と司法書士とでは弁護士の方が交渉力があるので、こちらに依頼したほうが満足度の高い結果を導き出してもらえる可能性は高いですね。

一方、相談にかかる費用は司法書士の方がリーズナブルになることが多いでしょう。債務整理の相談をすると、相談内容や何社から借りているかなど、たくさんの要素によってかかる料金は異なります。また、定価がはっきりしているわけではなく、事務所ごとに費用が異なる点も、法律事務所の大きな特徴と言えるでしょう。できるだけ費用をかけずに依頼したいという場合には、弁護士ではなく司法書士が対応してくれる事務所を選んだほうが良いかもしれませんね。どんな借入をどんな風に解決するのかによって、どちらが自分に合っているのかは異なるので、ケースバイケースで考えたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。