債務整理してもpitapaカードなら使える?

関西エリアで人気のpitapaカードは、クレジット機能がついていないタイプなら、債務整理をした人でも加入して持つことができるポストペイ式カードです。

債務整理をすると、個人信用データベースへ事故記録がついてしまうので、その後はクレジットカードなどの借り入れ商品に申し込んでも、審査に通らなくなってしまいます。しかしその中でも唯一、ポストペイ式(後払い)なのに持つことができるカードとして知られているのが、pitapaカードです。これは関西エリアで人気の高いカードで、鉄道を利用する際に乗車運賃の支払いなどに使うことができます。乗車運賃の支払いのためのカードは、全国の鉄道会社からいろいろなものがラインナップされていますがプリペイド式のものが多く、pitapaのように後払い式になっているものはとても珍しいと言われています。しかも、後払いなのに債務整理をした人でも加入できるという点は、かなり高評価ではないでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

pitapaカードには、クレジット機能がないタイプと、クレジット機能がついていてVISAやMASTERなどとしても使えるタイプとがあります。このうち、債務整理をした人はクレジット機能がついていないタイプなら持つことができます。基本的には電車運賃の支払いに使うことになりますが、その他にも駅ビルではショッピングとして使えたり、タクシーとか自動販売機などにも使えるので、ほかにカードが持てない人にとっては1枚持っていると大助かりのカードと言えるでしょう。関西地域で使えるローカルなカードなので、他の地域では持っていても使う機会がなくて無用の長物になってしまう可能性は高いのですが、関西にお住いの人はぜひ検討してみてください。

コメントは受け付けていません。