債務整理をするとvisaデビットは作れる?

債務整理をすると後払い式のクレジットカードは持つことができませんが、銀行の残高からリアルタイムに決済されるvisaデビットは持つことができます。

債務整理をすると、審査が必要な借入に申し込んでも審査落ちする可能性が高くなります。審査が必要な借入には、カードローンや自動車ローンなどのローン商品や、クレジットカードやショップカードなど後払い式のカードがありますが、これらは申し込むと顧客信用データベースへ情報照会が行われ、そこで債務整理をしたという事故記録が分かるため、審査に通らないのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

しかし、visaデビットは後払い式ではなく、同じカードでも銀行口座に残っている残金からリアルタイムで引き落としがかかるカードなので、申込む際には審査が行われることはありませんし、債務整理の後でも作ることができます。visaデビットはキャッシュカードとして発行されることもあり、利用限度額は銀行口座の残高となり、残高がゼロならカードをショップで使おうとしても決済することができないというシステムとなっています。債務整理をしてクレジットカードを持つことができない人にとっては、visaデビットを持っていればショッピングの時に手持ちの現金がなくても購入できるというメリットが期待できますし、とても便利なカードといえるでしょう。

visaデビットカードは、銀行の普通預金口座と連携していて、取り扱っているかどうかはその銀行によって異なります。利用している銀行でvisaデビットを発行していない場合には、別の銀行を探すという方法もアリではないでしょうか。債務整理した人にとっては、現金を持ち歩かなくても良いという安心感を与えてくれるvisaデビットは、ぜひ検討したいカードなのです。

コメントは受け付けていません。