債務整理の方法は全部で4つ

債務整理をする方法には、任意整理や自己破産などの4つの方法があり、その人の事情に合わせて適切なものを選ぶことになります。

債務整理には、全部で4つの方法があります。どの方法が自分が置かれた状況や希望にあっているかはケースバイケースなので、弁護士に相談しながら決めることになりますが、メリット・デメリットが異なるので、どの方法を選ぶ場合でも慎重に決めるようにしましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

1つ目は任意整理があります。裁判所を通さずに解決する方法で、借金の金額は変わりませんが毎月の返済額を減らすことによって返済の負担を軽くできるというメリットがあります。また、過払い金請求をして払い過ぎの利息を返還してもらう解決方法も、任意整理に含まれます。

2つ目には、個人再生があります。民事再生と呼ばれることもある解決法で、これは住宅ローンは除外して他の借金だけを解決するという方法です。家を守りながら借金を解決したい人や、3年~5年で完済できる見込みがある人が対象となる方法です。

3つ目は、自己破産という方法です。これは免責が認められれば、それまでの借金をゼロに出来るという大きなメリットがあるものの、10年間にわたって借入を利用することができなかったり、国家公務員だと仕事を続けられない資格制限というデメリットがあります。

4つ目は、特定調停です。金融業者と弁護士が裁判所に集まって交渉をするという解決方法で、この調停で交渉がまとまると調停調書という法的な文書が作成され、強制執行などが可能になります。債務整理の中ではあまり一般的ではない方法となっています。

コメントは受け付けていません。