債務整理をして6年すれば審査に通る?

債務整理をしてから5年~6年程度経つと、借金はすでに完済している人が多くなり、場合によってはカードの審査に通ることがあります。

債務整理をすると個人信用データベースに事故記録が付きますが、その記録がどのぐらいの期間残るかという点については、どの信用データベース機関のものなのか、またどんな方法で債務整理をしたのかによって異なります。一般的には任意整理だと5年程度、自己破産や民事再生の場合には事故記録は10年程度残ると言われますが、必ずしもその限りではなく、信用データベースによっては任意整理をした場合でも10年間事故記録が残ってしまうこともあります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理をしてから5年~6年ぐらいすると、借金は全て完済してあとは事故記録が抹消されるのを待つだけだという状態になる人はたくさんいます。その中には、クレジットカードに申し込んで審査に通ったとい人もいたり、申し込んだけれど審査落ちしたという人もいるようです。金融機関によっては、事故記録がデータベースに残っていても、借金を全て完済している人なら審査に通してくれる所はありますが、必ずしも審査に通るという保証があるわけではありませんし、通るかどうかは金融機関次第なので、審査に通らないからと言って焦ったり不安になる必要はありません。まだ事故記録が残っているのですから、審査に通らなくて当たり前だと考えるようにしましょう。

ちなみに、事故記録は一定の期間を過ぎると時効となり、特別な手続きをしなくても自然に抹消される仕組みになっています。もしも不安な人は、信用データベースへ情報照会の問い合わせをすることもできます。

コメントは受け付けていません。