アイフルからの借金を債務整理するコツ

アイフルは金融機関の中では和解までにかかる期間が比較的短く、裁判を通して債務整理するよりも直接交渉の方が早く解決できるという特徴があります。

債務整理は、金融機関ごとに対応や和解のラインが異なります。債務整理を専門にする法律事務所や弁護士事務所では、そうした業者ごとの特徴や傾向を把握しているので、短期間に最善の解決策を見つけることができますが、そうした知識がないと無駄に交渉期間が伸びてしまい、金融機関側から提訴されたりして精神的なストレスが大きくなってしまうことがあります。テレビCMでもお馴染みのアイフルの場合はどうでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理で過払い金請求する場合には、多く払い過ぎた利息に対して40%~45%程度の返還に応じてくれることが多いようです。手続きにかかる期間は1ヶ月から2か月程度なので迅速と言えますし、和解してから入金してもらえるまでにかかる期間も3か月程度なので、決して早いとは言えなくても遅すぎるとも言えません。裁判を介して解決するとなると、和解までに半年以上の期間がかかるので、アイフルと直接交渉することは、早く借金問題を解決したい時にはとても有効な方法と言えるでしょう。

ただし、交渉は借金を抱えている債務者が独断で行ってはいけません。アイフル側に都合の良い和解案を提示されて署名してしまったら、たとえそれが不当な和解案でも再度やり直しということはできません。必ず、弁護士に相談して代理で手続きをしてもらうことが大切です。また、弁護士事務所を選ぶ際には、債務整理を専門に行っている事務所や、経験豊富で交渉力のある事務所を選びましょう。

コメントは受け付けていません。