債務整理後に一括返済する方法

債務整理後に一括返済する場合には、担当の弁護士に相談すれば問題なく返済できることが多くなります。1人で勝手に返済するのではなく、かならず弁護士に相談しましょう。

債務整理を行うと、債権者となる金融機関と返済期間や毎月の返済額について、合意した条件で毎月コツコツ返済をすることになります。しかし、ボーナスが出たとか遺産を相続したなどの理由で経済的に余裕が生まれ、債務整理をした後でも一括返済してしまいたいということが起こるかもしれません。基本的に債務整理では、毎月の返済には利息が付かない場合が多いため、返済期間を繰り上げて早めに完済することによって債権者が受けるデメリットなどはありません。そのため、一括返済に合意してもらえることが多いでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

ただし、一括返済できる余裕があるからと言って、誰にも相談せずに返済するのはNGです。債務整理中には、一括返済したい時や少し多めに返済したい時などには、かならず担当の弁護士に相談するようにしましょう。具体的にどんな方法で返済すればいいかをアドバイスしてくれますし、一括返済の場合にも金融機関側に交渉をして、どんな風に一括返済すれば良いのかについてもアドバイスを受けることができます。

債務整理後に一括返済することは、決して悪いことではありません。早く借金の返済から解放されて気持ちは晴れ晴れすることでしょう。しかし、一括返済したからと言って顧客信用データベースについた事故記録は消えるわけではありませんので、クレジットカードやローンの申し込みをしても審査に通る可能性は決して高くはありません。近年では完済すれば事故記録がついていても審査に通るローン商品などがあるようですが、一般的ではないということは理解しておきたいですね。

コメントは受け付けていません。