債務整理をすると影響が出るの?

債務整理のことを知っているけれども実際に自分が手続きをするにあたって、躊躇している人もいるでしょう。その理由の中に、家族が迷惑するのではないかというものがあるでしょう。

債務整理は借金で困っている人が人生をやり直すための、いわば債務者の救済措置です。このため、債務整理をすることで債務者やその家族が深刻な影響にさいなまれることはまずないといっていいでしょう。基本的には従来通りの生活を引き続き行えます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理の中でも最終手段といわれているのは、自己破産です。自分の財産を債権者に渡して、それでも残った借金はチャラにできるというものです。もしマイホームやマイカーを持っていれば、これは自分の財産として債権者に引き渡さないといけません。ただし身ぐるみすべてはがされて路上に投げ出されるわけではないです。身の回りの家財道具や多少の生活していくための現金は手元に確保できます。また賃貸物件で暮らしている人の場合、自己破産をしたからといって家賃をきちんと支払っていれば追い出されることもないでしょう。

債務整理をするにあたって、子供のいる人は子供の将来に暗い影を落とすのではないかと心配する人もいるようです。しかし結論から言いますが、子供をはじめとしてほかの家族に自分が債務整理したことで悪影響の及ぶことはありません。

具体的には自分が債務整理したからといって、進学先が制限されるとか、就職先の内定が取り消されるなどの支障の生じることはありません。親子で血がつながっているとはいえ、それぞれ独立した存在です。債務整理をすると、信用情報に事故情報が記載されます。しかし信用情報はあくまでも個人単位で記載されます。このように家族に影響を及ぼすことはほとんどないといっていいでしょう。

コメントは受け付けていません。