債務整理後の借入は果たして可能?

債務整理で借金問題がクリアになった後、またお金のやりくりに困って借入したいという人もいるでしょう。その場合融資してくれる業者はあるでしょうか?

債務整理は借金返済が不可能になった人が返済額を圧縮、債務を免除することで人生の再チャレンジをする方法です。債務者への救済策という意味合いがありますので、債務整理を進めることで自分や家族の生活が立ちいかなくなってしまうことはないです。基本今まで通りの生活が続けられると思っていいでしょう。ただし借金を減額・チャラにするので、全くの無傷ではないです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理のデメリットの中でも大きいのは、信用情報に事故情報が登録されてしまうことです。いわゆるブラックリストに載った状態になります。こうなると新規のローンを組むことはできません。またクレジットカードを作ることもまず不可能でしょう。一回ブラックリストに載ると一生続くわけではありません。信用情報機関によって処理方法は異なります。しかし5~7年程度は事故情報が消えずに残り続けると思っておきましょう。

インターネットをチェックしてみると、「債務整理をした後でも融資してくれる貸金業者」の情報が紹介されています。しかしまともな貸金業者であれば、事故情報のある人にまず融資することはないです。「ブラックOK」などとうたっている貸金業者は、ヤミ金である可能性が高いです。ヤミ金にひとたび手を出してしまうと、骨の髄までしゃぶられると思った方が良いです。お金に困っているとつい手を出したくなるかもしれませんが、我慢しましょう。無駄遣いをしないように心がけ、お金に困らないような節約生活を意識することです。

コメントは受け付けていません。