熊本地震で借金返済が困難に…債務整理を検討しよう

平成28年4月に熊本では立て続けに大きな地震が発生しました。地震が起きた結果、借金返済が立ちいかなくなったという人もいるでしょう。

平成28年4月に発生した熊本地震は、熊本県を中心に大きな被害をもたらしました。本震と思われていた地震が実は前兆で、その後さらに大きな震度7クラスの地震が発生するという珍しい地震でした。この熊本地震によって、借金を抱えていた人は返済が難しくなったケースもあるでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

このように地震によって仕事ができなくなった、家屋が深刻なダメージを受けてそちらにお金を回さないといけなくなった人のための救済策を国では取っています。「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」と呼ばれるものです。このガイドラインは、震災などの自然災害に遭遇したために債務支払いができなくなった人の経済的再生プランともいえるものです。

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインでは、借入先の貸金業者に対してガイドラインに基づく債務整理する旨を申し出ます。その上で、登録支援専門家という人がいます。この人にお願いして、債務整理の手続きを進めていきます。ガイドラインに基づく債務整理をする場合、実際に被災したことを証明する罹災証明書もしくは被災証明書を交付してもらって、提出する必要があります。役所などで発行してもらえるので、借金返済が難しければ早めに手配しておきましょう。

カードローンなどの身の回りの借金の他にも、住宅ローンや事業ローンなどもこのガイドラインに基づき借金整理ができます。罹災証明書や被災証明書を発行してもらって、その上で借入先の金融機関・貸金業者にまずは相談することです。

コメントは受け付けていません。