債務整理で債権者ともめて裁判になることは?

債務整理を行うにあたって、できるだけ穏便に済ませたいと思っている人もいるでしょう。裁判沙汰などは勘弁してほしいと考えている人も多いはずです。

債務整理をするにあたって、いろいろと不安に感じていることもあるでしょう。その中で債務整理をしたばかりに、裁判沙汰になってしまうのではないかと心配している人もいるはずです。債務整理の中には、裁判所で手続きをする自己破産のようなものも確かにあります。しかしこれは裁判所の許可や調停などが必要なだけで、実際の裁判をするわけではないです。債務整理の一つ任意整理は債権者側と債務者側が交渉を直接しますので、裁判所を通すこともありません。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

ですから基本的に債務整理の手続きを進めることで、訴訟を起こされることはないと言っていいです。ただし任意整理の交渉をしていく中で、なかなか債権者と債務者側の和解がまとまらないこともたまにあります。このような宙ぶらりんの状況で数か月経過すると、債権者側の中には業を煮やして訴訟に踏み切ることもなくはないです。

訴訟のような大事にならないための対策として大事なのは、腕のある弁護士・司法処理をつけることが大事です。弁護士や司法書士の中には借金問題を専門的に請け負っている事務所もあって、債務整理の債権者側との交渉に長けている人もたくさんいます。このような人たちに任せれば、こちら側に有利な形で和解をスムーズに進めてくれるでしょう。

弁護士や司法書士に依頼する際には、それぞれの事務所のホームページをチェックしてみることです。そして借金問題の実績豊富な所をいくつかピックアップして、相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。